無料放送のドラマをご紹介[dramafreak]

国内ドラマ、韓国ドラマ、中国・台湾ドラマ、欧米系ドラマの無料配信情報を安全・安心なサイトからご紹介。

中国ドラマ情報 『三国志・第一部(群雄遂鹿)』第17集配信開始!

2008-11-17 Mon 17:43:55

GyaO<ギャオ>のドラマチャンネルで『三国志・第一部(群雄遂鹿)』第17集配信開始です!中国の国営テレビ局、中国中央電視台が約4年の歳月と約100億に上る制作費をかけ制作した作品。省略されがちなエピソードまでしっかりと映像化されています。
三国志
GyaO アジア 三国志

★『三国志・第一部(群雄遂鹿)』
時は二世紀後半の後漢末期、魏・呉・蜀の三国時代。朝廷は皇帝の一族と宦官らに牛耳られ、政治は腐敗しきっていた…。世を憂いた劉備・関羽・張飛の3人は桃園にて義兄弟の誓いをたて、立ち上がる…。制作費100億円、出演者10万人、制作年数4年! 中国最高賞をすべて受賞。空前のスケールで描く中国最高の歴史ロマン「三国志」の決定版!

☆第一部(群雄遂鹿) 第1集 「桃園三結義」劉備、関羽、張飛 桃園の誓い
高租劉邦が天下統一し、光武帝の中興を経て永きの太平を続けた漢王朝も後漢の霊帝の御代(西暦184年頃)には乱れきっていた。皇帝が近侍の宦官達に政治を任せきりにしたため、彼等の専横による腐敗政治がまかり通り、さらには地方官僚の圧政となって庶民を苦しめた…。

☆第一部(群雄遂鹿) 第2集 「十常侍乱政」漢朝廷大いに乱れる
黄巾賊を平定したのも束の間、洛陽の都では朝廷の権力争いが乱政治に拍車をかけていた。病弱な霊帝の後継を巡って、十常侍と何進大将軍の駆け引きが続いた。霊帝と十常侍の一部は董大后(皇帝の母)の寵愛する「太子協」を、何進は妹の何皇后の子「太子弁」を次の皇帝にと目論んでいた…。

☆第一部(群雄遂鹿) 第3集 「董卓覇京師」野獣 董卓の野望
宦官らの粛正が終わっても、董卓は洛陽の郊外に駐留し兵を引かない。この混乱に乗じて権力の頂点を狙おうというのであった。暗殺された何進将軍の部下達を抱き込み、都の城内はおろか、宮廷の中にまで足を踏み入れる董卓の傍若無人振りに心ある文官、武官らはこぞって眉をひそめるのだった…。

☆第一部(群雄遂鹿) 第4集 「孟徳献刀」 曹操孟徳、治世の能臣、乱世の奸雄
董卓を嫌って冀州へ帰還した袁紹は、王允に董卓暗殺を依頼した。曹操は実行役を引き受け、王允の宝剣「七星剣」を携えて董卓の屋敷に赴いた。もう一歩のところで、失敗した曹操は都から逃亡した。中牟県で捕えられた曹操だったが、道尉の陳宮は曹操の志に感激して、董卓討伐のため共に曹操の故郷を目指すことになった…。

☆第一部(群雄遂鹿) 第5集 「三英戦呂布」劉備、関羽、張飛の三兄弟、虎牢関で呂布と戦う
献帝の初平元年(西暦190年)曹操の呼びかけで集まった諸侯は袁紹を総大将に擁し、董卓討伐の血盟を結んだ。孫堅、鮑信、袁術らを先鋒に洛陽に向かった。迎え撃つ董卓は華雄を椰經悗貿品爾靴拭8を焦った鮑忠が華雄に挑んで斬死したが、孫堅の軍が良く戦い椰經悗鯤餔呂靴拭帖

☆第一部(群雄遂鹿) 第6集 「連環計」王允、連環の計を仕掛ける
董卓は洛陽を焼き払って、長安(西安)遷都した。都の廃距墟に立った孫堅は古井戸の中から「伝国の玉爾」(秦の始皇帝が作らせたという、皇帝の証)を発見した。孫堅が「伝国の玉爾」を手に入れたことは部下の密告から袁紹らの耳に入るところとなった…。

☆第一部(群雄遂鹿) 第7集 「鳳儀亭」呂布と貂?、鳳儀亭の密会
王允の仕掛けた「連環の計」に董卓と呂布はまんまとはまった。呂布は王允が貂蝉を董卓に差し出したことを激しくなじった。王允は、それは誤解で、呂布の養父にあたる董卓が正式に娶らせるために嫁入り支度をしているのだと、言葉巧みに騙した…。

☆第一部(群雄遂鹿) 第8集 「三譲徐州」曹操、復讐の徐州出兵
董卓討伐失敗の後、山東の地で再起を期す曹操は一族を呼び寄せようとした。その道中、徐州の牧陶謙が好意から部下の張?(ちょうがい)を護衛に付けたのだが、張?は曹操の一族を皆殺しにして略奪した。激怒した曹操は復讐の為に徐州総攻撃に出るのだった…。

☆第一部(群雄遂鹿) 第9集 「孫策立業」孫堅の子、孫策ついに挙兵
徐州を中心に曹操、呂布、劉備が争っていた頃、江東では孫堅の長男孫策が一門の復興を懸けて苦闘していた。父孫堅は董卓討伐軍解散の帰路「伝国の玉爾」を巡って荊州の劉表との間に怨恨を残し、その決着戦の最中不幸な死を遂げていた。若年の孫策は領土を失い父の部下を率いて南陽の袁術の軍に加わっていた…。

☆第一部(群雄遂鹿) 第10集 「轅門射戟」呂布、陣門に戟を射て仲裁す
江東の孫策に対し、都では曹操が「献帝」の後ろ楯として実権を握るや、許昌(許都)に遷都し、自らは大将軍武平候を名乗った。基盤を固めた曹操は徐州への復讐を再開し、謀略戦に出た…。

☆第一部(群雄遂鹿) 第11集 「宛城之戦」曹操、宛城の戦勝に酔い典韋を失う
娘を袁術の息子に娶らせるつもりの呂布だったが、陳珪の忠告で中止した。呂布と劉備の間も張飛の馬泥棒事件があってこじれた。呂布と手を切って曹操と結ぶことを決意した劉備らは、屈辱に耐えて曹操の下に身を寄せた…。

☆第一部(群雄遂鹿) 第12集 「白門楼 上」曹操、ついに呂布を追い詰める
袁術討伐の半ばで許都に帰還した曹操は、張繍と劉喪の連合軍に手を焼くことになった。行軍の途中、刈り入れに忙しい農民の邪魔をしないよう命じた曹操だが、自分で違反してしまう。遵法の為自害しようとする曹操を郭嘉は故事を引いて救った…。

☆第一部(群雄遂鹿) 第13集 「白門楼 下」希代の猛将、呂布の最後
下ヒ城の呂布に曹操が投降を呼びかけた。呂布は迷うが、参謀の陳宮は場内から矢を射かけ。曹操を激怒させた。妻妾の言いなりのままに形勢を悪化させた呂布は、自らの非を認めたくないため酒に溺れて荒んでいったあげく、袁術に援軍を依頼する。しかし、袁術が受け入れるはずもなかった…。

☆第一部(群雄遂鹿) 第14集 「煮酒論英雄」曹操と劉備、英雄を語る
建安三年(西暦198年)、許都において、徐州平定の式典が皇帝の勅命にて行われた。献帝は劉備の風評を耳にして引見を希望した。劉備の出自を聞いた献帝は、臣下の官に家系図を読み上げさせて、劉備の血統を真実のものと認めた。献帝は劉備を「皇叔」と呼んで頼りにし、曹操の対抗馬たることを期待するのだった…。

☆第一部(群雄遂鹿) 第15集 「袁曹起兵」袁紹、曹操ついに挙兵す
劉備は袁術を倒し徐州に留まった。袁術の持っていた「伝国の玉爾」は巡り巡って曹操の掌中に納まることになった。ついに劉備追討を決意した曹操は徐州の兵を使って罠を仕掛けるが、以前から劉備に敬意を抱く徐州の陳登が劉備に協力した。曹操の仕掛けた罠を逆利用して劉備と共に徐州城を押さえた…。

☆第一部(群雄遂鹿) 第16集 「関羽約三事」関羽、投降の三つの条件
劉備は曹操の復讐を考慮して、劉岱、王忠のニ将を解放した。また、徐州城に孫乾を配し、自らは張飛と共に小沛に布陣して曹操迎撃の最前線に位置した。さらに徐州城の万一に備えて関羽に下ヒ城を守らせ妻子をこのへ移した…。

☆第一部(群雄遂鹿) 第17集 「掛印封金」関羽、赤兎に乗って青龍刀を振るう
関羽は劉備の家族を守って許都へ向かい、劉備は袁紹の下に、張飛は芒トウ山へと、三兄弟はちりぢりになった。劉備の家族を守るため夜通し門外で立っている関羽に曹操は感服して袍衣を贈った…。

>>三国志シリーズ DVD BOX

話題の韓流ドラマやオリジナル作品を見るなら「GyaO」

懐かしのアニメから最新のアニメまで、無料で見られるアニメ情報も随時更新中!


中国ドラマ情報 『三国志・第一部(群雄遂鹿)』第11集配信開始!

2008-11-11 Tue 17:02:14

GyaO<ギャオ>のドラマチャンネルで『三国志・第一部(群雄遂鹿)』第11集配信開始です!中国の国営テレビ局、中国中央電視台が約4年の歳月と約100億に上る制作費をかけ制作した作品。省略されがちなエピソードまでしっかりと映像化されています。
三国志
GyaO アジア 三国志

★『三国志・第一部(群雄遂鹿)』
時は二世紀後半の後漢末期、魏・呉・蜀の三国時代。朝廷は皇帝の一族と宦官らに牛耳られ、政治は腐敗しきっていた…。世を憂いた劉備・関羽・張飛の3人は桃園にて義兄弟の誓いをたて、立ち上がる…。制作費100億円、出演者10万人、制作年数4年! 中国最高賞をすべて受賞。空前のスケールで描く中国最高の歴史ロマン「三国志」の決定版!

☆第一部(群雄遂鹿) 第1集 「桃園三結義」劉備、関羽、張飛 桃園の誓い
高租劉邦が天下統一し、光武帝の中興を経て永きの太平を続けた漢王朝も後漢の霊帝の御代(西暦184年頃)には乱れきっていた。皇帝が近侍の宦官達に政治を任せきりにしたため、彼等の専横による腐敗政治がまかり通り、さらには地方官僚の圧政となって庶民を苦しめた…。

☆第一部(群雄遂鹿) 第2集 「十常侍乱政」漢朝廷大いに乱れる
黄巾賊を平定したのも束の間、洛陽の都では朝廷の権力争いが乱政治に拍車をかけていた。病弱な霊帝の後継を巡って、十常侍と何進大将軍の駆け引きが続いた。霊帝と十常侍の一部は董大后(皇帝の母)の寵愛する「太子協」を、何進は妹の何皇后の子「太子弁」を次の皇帝にと目論んでいた…。

☆第一部(群雄遂鹿) 第3集 「董卓覇京師」野獣 董卓の野望
宦官らの粛正が終わっても、董卓は洛陽の郊外に駐留し兵を引かない。この混乱に乗じて権力の頂点を狙おうというのであった。暗殺された何進将軍の部下達を抱き込み、都の城内はおろか、宮廷の中にまで足を踏み入れる董卓の傍若無人振りに心ある文官、武官らはこぞって眉をひそめるのだった…。

☆第一部(群雄遂鹿) 第4集 「孟徳献刀」 曹操孟徳、治世の能臣、乱世の奸雄
董卓を嫌って冀州へ帰還した袁紹は、王允に董卓暗殺を依頼した。曹操は実行役を引き受け、王允の宝剣「七星剣」を携えて董卓の屋敷に赴いた。もう一歩のところで、失敗した曹操は都から逃亡した。中牟県で捕えられた曹操だったが、道尉の陳宮は曹操の志に感激して、董卓討伐のため共に曹操の故郷を目指すことになった…。

☆第一部(群雄遂鹿) 第5集 「三英戦呂布」劉備、関羽、張飛の三兄弟、虎牢関で呂布と戦う
献帝の初平元年(西暦190年)曹操の呼びかけで集まった諸侯は袁紹を総大将に擁し、董卓討伐の血盟を結んだ。孫堅、鮑信、袁術らを先鋒に洛陽に向かった。迎え撃つ董卓は華雄を椰經悗貿品爾靴拭8を焦った鮑忠が華雄に挑んで斬死したが、孫堅の軍が良く戦い椰經悗鯤餔呂靴拭帖

☆第一部(群雄遂鹿) 第6集 「連環計」王允、連環の計を仕掛ける
董卓は洛陽を焼き払って、長安(西安)遷都した。都の廃距墟に立った孫堅は古井戸の中から「伝国の玉爾」(秦の始皇帝が作らせたという、皇帝の証)を発見した。孫堅が「伝国の玉爾」を手に入れたことは部下の密告から袁紹らの耳に入るところとなった…。

☆第一部(群雄遂鹿) 第7集 「鳳儀亭」呂布と貂?、鳳儀亭の密会
王允の仕掛けた「連環の計」に董卓と呂布はまんまとはまった。呂布は王允が貂蝉を董卓に差し出したことを激しくなじった。王允は、それは誤解で、呂布の養父にあたる董卓が正式に娶らせるために嫁入り支度をしているのだと、言葉巧みに騙した…。

☆第一部(群雄遂鹿) 第8集 「三譲徐州」曹操、復讐の徐州出兵
董卓討伐失敗の後、山東の地で再起を期す曹操は一族を呼び寄せようとした。その道中、徐州の牧陶謙が好意から部下の張?(ちょうがい)を護衛に付けたのだが、張?は曹操の一族を皆殺しにして略奪した。激怒した曹操は復讐の為に徐州総攻撃に出るのだった…。

☆第一部(群雄遂鹿) 第9集 「孫策立業」孫堅の子、孫策ついに挙兵
徐州を中心に曹操、呂布、劉備が争っていた頃、江東では孫堅の長男孫策が一門の復興を懸けて苦闘していた。父孫堅は董卓討伐軍解散の帰路「伝国の玉爾」を巡って荊州の劉表との間に怨恨を残し、その決着戦の最中不幸な死を遂げていた。若年の孫策は領土を失い父の部下を率いて南陽の袁術の軍に加わっていた…。

☆第一部(群雄遂鹿) 第10集 「轅門射戟」呂布、陣門に戟を射て仲裁す
江東の孫策に対し、都では曹操が「献帝」の後ろ楯として実権を握るや、許昌(許都)に遷都し、自らは大将軍武平候を名乗った。基盤を固めた曹操は徐州への復讐を再開し、謀略戦に出た…。

☆第一部(群雄遂鹿)第11集 「宛城之戦」曹操、宛城の戦勝に酔い典韋を失う
娘を袁術の息子に娶らせるつもりの呂布だったが、陳珪の忠告で中止した。呂布と劉備の間も張飛の馬泥棒事件があってこじれた。呂布と手を切って曹操と結ぶことを決意した劉備らは、屈辱に耐えて曹操の下に身を寄せた…。

>>三国志シリーズ DVD BOX

話題の韓流ドラマやオリジナル作品を見るなら「GyaO」

懐かしのアニメから最新のアニメまで、無料で見られるアニメ情報も随時更新中!


中国ドラマ情報 『三国志・第一部(群雄遂鹿)』第10集配信開始!

2008-11-10 Mon 18:12:40

GyaO<ギャオ>のドラマチャンネルで『三国志・第一部(群雄遂鹿)』第10集配信開始です!中国の国営テレビ局、中国中央電視台が約4年の歳月と約100億に上る制作費をかけ制作した作品。省略されがちなエピソードまでしっかりと映像化されています。
三国志
GyaO アジア 三国志

★『三国志・第一部(群雄遂鹿)』
時は二世紀後半の後漢末期、魏・呉・蜀の三国時代。朝廷は皇帝の一族と宦官らに牛耳られ、政治は腐敗しきっていた…。世を憂いた劉備・関羽・張飛の3人は桃園にて義兄弟の誓いをたて、立ち上がる…。制作費100億円、出演者10万人、制作年数4年! 中国最高賞をすべて受賞。空前のスケールで描く中国最高の歴史ロマン「三国志」の決定版!

☆第一部(群雄遂鹿) 第1集 「桃園三結義」劉備、関羽、張飛 桃園の誓い
高租劉邦が天下統一し、光武帝の中興を経て永きの太平を続けた漢王朝も後漢の霊帝の御代(西暦184年頃)には乱れきっていた。皇帝が近侍の宦官達に政治を任せきりにしたため、彼等の専横による腐敗政治がまかり通り、さらには地方官僚の圧政となって庶民を苦しめた…。

☆第一部(群雄遂鹿) 第2集 「十常侍乱政」漢朝廷大いに乱れる
黄巾賊を平定したのも束の間、洛陽の都では朝廷の権力争いが乱政治に拍車をかけていた。病弱な霊帝の後継を巡って、十常侍と何進大将軍の駆け引きが続いた。霊帝と十常侍の一部は董大后(皇帝の母)の寵愛する「太子協」を、何進は妹の何皇后の子「太子弁」を次の皇帝にと目論んでいた…。

☆第一部(群雄遂鹿) 第3集 「董卓覇京師」野獣 董卓の野望
宦官らの粛正が終わっても、董卓は洛陽の郊外に駐留し兵を引かない。この混乱に乗じて権力の頂点を狙おうというのであった。暗殺された何進将軍の部下達を抱き込み、都の城内はおろか、宮廷の中にまで足を踏み入れる董卓の傍若無人振りに心ある文官、武官らはこぞって眉をひそめるのだった…。

☆第一部(群雄遂鹿) 第4集 「孟徳献刀」 曹操孟徳、治世の能臣、乱世の奸雄
董卓を嫌って冀州へ帰還した袁紹は、王允に董卓暗殺を依頼した。曹操は実行役を引き受け、王允の宝剣「七星剣」を携えて董卓の屋敷に赴いた。もう一歩のところで、失敗した曹操は都から逃亡した。中牟県で捕えられた曹操だったが、道尉の陳宮は曹操の志に感激して、董卓討伐のため共に曹操の故郷を目指すことになった…。

☆第一部(群雄遂鹿) 第5集 「三英戦呂布」劉備、関羽、張飛の三兄弟、虎牢関で呂布と戦う
献帝の初平元年(西暦190年)曹操の呼びかけで集まった諸侯は袁紹を総大将に擁し、董卓討伐の血盟を結んだ。孫堅、鮑信、袁術らを先鋒に洛陽に向かった。迎え撃つ董卓は華雄を椰經悗貿品爾靴拭8を焦った鮑忠が華雄に挑んで斬死したが、孫堅の軍が良く戦い椰經悗鯤餔呂靴拭帖

☆第一部(群雄遂鹿) 第6集 「連環計」王允、連環の計を仕掛ける
董卓は洛陽を焼き払って、長安(西安)遷都した。都の廃距墟に立った孫堅は古井戸の中から「伝国の玉爾」(秦の始皇帝が作らせたという、皇帝の証)を発見した。孫堅が「伝国の玉爾」を手に入れたことは部下の密告から袁紹らの耳に入るところとなった…。

☆第一部(群雄遂鹿) 第7集 「鳳儀亭」呂布と貂?、鳳儀亭の密会
王允の仕掛けた「連環の計」に董卓と呂布はまんまとはまった。呂布は王允が貂蝉を董卓に差し出したことを激しくなじった。王允は、それは誤解で、呂布の養父にあたる董卓が正式に娶らせるために嫁入り支度をしているのだと、言葉巧みに騙した…。

☆第一部(群雄遂鹿) 第8集 「三譲徐州」曹操、復讐の徐州出兵
董卓討伐失敗の後、山東の地で再起を期す曹操は一族を呼び寄せようとした。その道中、徐州の牧陶謙が好意から部下の張?(ちょうがい)を護衛に付けたのだが、張?は曹操の一族を皆殺しにして略奪した。激怒した曹操は復讐の為に徐州総攻撃に出るのだった…。

☆第一部(群雄遂鹿) 第9集 「孫策立業」孫堅の子、孫策ついに挙兵
徐州を中心に曹操、呂布、劉備が争っていた頃、江東では孫堅の長男孫策が一門の復興を懸けて苦闘していた。父孫堅は董卓討伐軍解散の帰路「伝国の玉爾」を巡って荊州の劉表との間に怨恨を残し、その決着戦の最中不幸な死を遂げていた。若年の孫策は領土を失い父の部下を率いて南陽の袁術の軍に加わっていた…。

☆第一部(群雄遂鹿) 第10集 「轅門射戟」呂布、陣門に戟を射て仲裁す
江東の孫策に対し、都では曹操が「献帝」の後ろ楯として実権を握るや、許昌(許都)に遷都し、自らは大将軍武平候を名乗った。基盤を固めた曹操は徐州への復讐を再開し、謀略戦に出た…。

>>三国志シリーズ DVD BOX

話題の韓流ドラマやオリジナル作品を見るなら「GyaO」

懐かしのアニメから最新のアニメまで、無料で見られるアニメ情報も随時更新中!


中国ドラマ情報 『三国志・第一部(群雄遂鹿)』第6集配信開始!

2008-11-06 Thu 17:42:19

GyaO<ギャオ>のドラマチャンネルで『三国志・第一部(群雄遂鹿)』第6集配信開始です!中国の国営テレビ局、中国中央電視台が約4年の歳月と約100億に上る制作費をかけ制作した作品。省略されがちなエピソードまでしっかりと映像化されています。
三国志
GyaO アジア 三国志

★『三国志・第一部(群雄遂鹿)』
時は二世紀後半の後漢末期、魏・呉・蜀の三国時代。朝廷は皇帝の一族と宦官らに牛耳られ、政治は腐敗しきっていた…。世を憂いた劉備・関羽・張飛の3人は桃園にて義兄弟の誓いをたて、立ち上がる…。制作費100億円、出演者10万人、制作年数4年! 中国最高賞をすべて受賞。空前のスケールで描く中国最高の歴史ロマン「三国志」の決定版!

☆第一部(群雄遂鹿) 第1集 「桃園三結義」劉備、関羽、張飛 桃園の誓い
高租劉邦が天下統一し、光武帝の中興を経て永きの太平を続けた漢王朝も後漢の霊帝の御代(西暦184年頃)には乱れきっていた。皇帝が近侍の宦官達に政治を任せきりにしたため、彼等の専横による腐敗政治がまかり通り、さらには地方官僚の圧政となって庶民を苦しめた…。

☆第一部(群雄遂鹿) 第2集 「十常侍乱政」漢朝廷大いに乱れる
黄巾賊を平定したのも束の間、洛陽の都では朝廷の権力争いが乱政治に拍車をかけていた。病弱な霊帝の後継を巡って、十常侍と何進大将軍の駆け引きが続いた。霊帝と十常侍の一部は董大后(皇帝の母)の寵愛する「太子協」を、何進は妹の何皇后の子「太子弁」を次の皇帝にと目論んでいた…。

☆第一部(群雄遂鹿) 第3集 「董卓覇京師」野獣 董卓の野望
宦官らの粛正が終わっても、董卓は洛陽の郊外に駐留し兵を引かない。この混乱に乗じて権力の頂点を狙おうというのであった。暗殺された何進将軍の部下達を抱き込み、都の城内はおろか、宮廷の中にまで足を踏み入れる董卓の傍若無人振りに心ある文官、武官らはこぞって眉をひそめるのだった…。

☆第一部(群雄遂鹿) 第4集 「孟徳献刀」 曹操孟徳、治世の能臣、乱世の奸雄
董卓を嫌って冀州へ帰還した袁紹は、王允に董卓暗殺を依頼した。曹操は実行役を引き受け、王允の宝剣「七星剣」を携えて董卓の屋敷に赴いた。もう一歩のところで、失敗した曹操は都から逃亡した。中牟県で捕えられた曹操だったが、道尉の陳宮は曹操の志に感激して、董卓討伐のため共に曹操の故郷を目指すことになった…。

☆第一部(群雄遂鹿) 第5集 「三英戦呂布」劉備、関羽、張飛の三兄弟、虎牢関で呂布と戦う
献帝の初平元年(西暦190年)曹操の呼びかけで集まった諸侯は袁紹を総大将に擁し、董卓討伐の血盟を結んだ。孫堅、鮑信、袁術らを先鋒に洛陽に向かった。迎え撃つ董卓は華雄を椰經悗貿品爾靴拭8を焦った鮑忠が華雄に挑んで斬死したが、孫堅の軍が良く戦い椰經悗鯤餔呂靴拭帖

☆第一部(群雄遂鹿) 第6集 「連環計」王允、連環の計を仕掛ける
董卓は洛陽を焼き払って、長安(西安)遷都した。都の廃距墟に立った孫堅は古井戸の中から「伝国の玉爾」(秦の始皇帝が作らせたという、皇帝の証)を発見した。孫堅が「伝国の玉爾」を手に入れたことは部下の密告から袁紹らの耳に入るところとなった…。

>>三国志シリーズ DVD BOX

話題の韓流ドラマやオリジナル作品を見るなら「GyaO」

懐かしのアニメから最新のアニメまで、無料で見られるアニメ情報も随時更新中!


中国ドラマ情報 『三国志・第五部(三分帰一)』最終集配信開始!

2008-10-06 Mon 22:30:41

GyaO<ギャオ>のドラマチャンネルで『三国志・第五部(三分帰一)』最終集配信開始です!中国の国営テレビ局、中国中央電視台が約4年の歳月と約100億に上る制作費をかけ制作した作品。省略されがちなエピソードまでしっかりと映像化されています。話数は第一部、第二部、第三部、第四部からの続きです。
三国志
GyaO アジア 三国志

★『三国志・第一部(群雄遂鹿)』
時は二世紀後半の後漢末期、魏・呉・蜀の三国時代。朝廷は皇帝の一族と宦官らに牛耳られ、政治は腐敗しきっていた…。世を憂いた劉備・関羽・張飛の3人は桃園にて義兄弟の誓いをたて、立ち上がる…。制作費100億円、出演者10万人、制作年数4年! 中国最高賞をすべて受賞。空前のスケールで描く中国最高の歴史ロマン「三国志」の決定版!

☆第一部(群雄遂鹿)第1集 「桃園三結義」劉備、関羽、張飛 桃園の誓い
高租劉邦が天下統一し、光武帝の中興を経て永きの太平を続けた漢王朝も後漢の霊帝の御代(西暦184年頃)には乱れきっていた。皇帝が近侍の宦官達に政治を任せきりにしたため、彼等の専横による腐敗政治がまかり通り、さらには地方官僚の圧政となって庶民を苦しめた…。


☆第四部(南征北戦) 第71集 「空城退戦」空城の計で死地を脱し、泣いて馬謖を斬る
亡き劉備の警告は的中した。実戦に疎い馬謖は諸葛亮の命令を遵守するより、自らが書物に学んだ兵法の知識を実践しようとした。街亭の街道に柵を設けて死守しようとする王平を無視して、見晴らしの良い丘陵地に陣を構えたのだ。諸葛亮の推察どおりに魏軍が街亭に現れた…。

☆第四部(南征北戦) 第72集 「司馬取印」諸葛亮、司馬懿、宿敵相対す
諸葛亮は再び出師の表の筆を取り、趙雲が自分に後事を頼む夢を見る。諸葛亮の上奏が通り、劉禅は北伐を許し三十万の兵を与えた。諸葛亮は街亭の東南に位置する陳倉の奪取を北伐の要として、魏廷を向かわせた。しかし、陳倉の守りは固く、蜀兵の屍が増えるばかりだった…。

☆第四部(南征北戦) 第73集 「祁山闘智」諸葛亮、司馬懿、宿命の知謀戦
司馬懿は耐久戦に出て蜀軍を翻弄した。焦る魏廷は諸葛亮の戦略に不満を抱いた。そんな折、諸葛亮は身体の不調を感じた。決戦を急いだ諸葛亮は魏軍を誘い出すため撤退を装った。三十里ずつ陣を退く蜀軍。司馬懿は罠と見て静観していたが、張コウら配下の武将の強硬な主張を受け入れて追撃のために張コウの軍を進軍させた…。

☆第四部(南征北戦) 第74集 「諸葛妝神」諸葛亮、鬼神を演じ司馬懿を惑わす
曹真は司馬懿に助けられ、その進言を入れて渭水まで撤退して対策を練った。同じ頃、蜀の陣では魏廷と陳式が箕谷の敗戦の責を問われていた。諸葛亮は魏の投降兵に曹真宛の書を持たせ、その文中で曹真を無学の徒と罵った。曹真は怒りのあまり憤死した…。

☆第四部(南征北戦) 第75集 「六出祁山」諸葛亮、最後の北伐、六度祁山へ
諸葛亮は劉備の廟で中原克復を誓い、魏廷、姜維を祁山に出撃させた。また、糧道確保のため李豊を斜谷に向かわせた。魏では、蜀の国力の低下を見通して、司馬懿を大都督に四十万の大軍で一気に蜀軍の殲滅を狙う戦略を固めていた。蜀軍と魏軍の兵力差はいかんともしがたく、蜀軍は各地で魏軍に敗北した…。

☆第四部(南征北戦) 第76集 「火焼上方谷」諸葛亮、司馬懿を火攻めにす
司馬懿を上方谷におびき出して火攻めにする、これが諸葛亮の策であった。慎重居士の司馬懿を嵌めるために周到な準備がなされた。馬岱が上方谷に火計の備えを敷き、併せて蜀軍が上方谷に重要な作戦拠点を築こうとしているかのような気配を演出した…。

☆第四部(南征北戦) 第77集 「秋風五丈原」死せる孔明、生ける仲達を走らす
諸葛亮が病に倒れたとの報に成都の文官はうろたえるばかりだった。そんな蜀の現状に、今世を去るわけにはいかぬとの思いから、諸葛亮は北斗に祈祷して天象を変えて、自らの天命を延ばそうとするのだった。七夜の祈祷が後一歩で成就という時に、敵襲に慌てた魏廷の失態で、祈祷は失敗に終わった…。

☆第五部(三分帰一) 第78集 「詐病賺曹爽」司馬氏、魏王朝の実権を握る
魏の景初三年正月、死の床にあった曹叡は曹真の子息曹爽を大将軍に任じ、朝政を委ねた。そして、臨終間際に司馬懿を呼び出して後事を託した。曹叡亡き後、曹芳が帝位に就き、大将軍の曹爽が実権を握った。司馬懿の存在が邪魔な曹爽は、司馬懿の失脚を狙った…。

☆第五部(三分帰一) 第79集 「呉宮千戈」孫権死し、呉王朝乱れる
呉の神鳳元年、中興の祖孫権が享年七十一歳で天に帰した。遺命を受けた諸葛恪は孫亮を帝位に就け、後ろ盾として実権を握った。孫権死すの報に魏の司馬師はすぐさま兵を起し呉征討に出た。呉の守将丁奉は、戦線の後退を主張する幕僚達を抑えて、徹底抗戦一歩も退かすとの覚悟で魏軍を迎撃した…。

☆第五部(三分帰一) 第80集 「兵困鉄籠山」姜維北伐、鉄籠山に司馬昭を追う
蜀の廷熙十六年秋、蜀の将軍姜維は恩師諸葛亮の遺命を果たすべく二十万の兵を率いて北伐を再開した。魏は、司馬昭を大都督に、徐質を先鋒に立てて蜀軍迎撃に出た。隴西での決戦で姜維の策の前に魏軍は大敗を喫し、徐質は戦死、司馬昭は鉄籠山に追い込まれた…。

☆第五部(三分帰一) 第81集 「司馬昭式君」姜維、艾、鐘会ら、名将激戦す
鉄籠山で惜敗を喫した姜維だったが、すぐさま体勢を立て直して祁山に兵を向かわせた。魏の大将軍となった司馬昭は艾に祁山の死守を命じ、自らは鐘会と共に渭水南岸に陣を敷いた。姜維は諸葛亮直伝の八卦の陣を駆使して祁山で艾の軍を翻弄した。蜀軍の強さに、正攻法では不利とみた艾は謀略戦に出た…。

☆第五部(三分帰一) 第82集 「九伐中原」姜維、最後の北伐
蜀の景燿五年、姜維は九度目の北伐に出陣した。緒戦で魏軍の兵糧集積地を襲い、羌族と謀って持久戦に持ち込む策であった。しかし、蜀軍の策を看破した艾率いる魏軍との激戦で副将夏侯覇を失った。そこで、姜維は張翼に命じて手薄になった魏軍の本陣を攻撃させ、祁山奪回まで後一歩まで迫ったのだった…。

☆第五部(三分帰一) 第83集 「倫渡陰平」名将艾、摩天嶺を越え、成都陥落す
剣閣で行く手を阻む姜維の軍に苦戦を続ける魏軍の陣営では、艾と鐘会の間に確執が起こった。元来野心家の鐘会と叩き上げの艾は対抗心も強く、互いに腹の探り合いを繰り広げていたのだった。そんな中で艾は陰平から摩天嶺を踏破して成都を奇襲する策を提案した…。

☆第五部(三分帰一) 最終集 「三分帰晋」魏、呉、蜀滅び、幾百の英傑は神となる
姜維は剣閣の砦で成都陥落の報に接し、廖化、張翼と共に諸葛亮の位牌に蜀滅亡の報告をするのだった。諸葛亮の遺志を守らんとする姜維は、漢室再興の秘策として、野心家の鐘会と共謀して成都奪回を狙うのだった。鐘会は姜維と義兄弟の契りを結び、剣閣の砦に入った…。

>>三国志シリーズ DVD BOX

話題の韓流ドラマやオリジナル作品を見るなら「GyaO」

懐かしのアニメから最新のアニメまで、無料で見られるアニメ情報も随時更新中!


⇒ドラマのあらすじ情報

中国ドラマ情報 『三国志・第五部(三分帰一)』第81集配信開始!

2008-10-03 Fri 22:53:50

GyaO<ギャオ>のドラマチャンネルで『三国志・第五部(三分帰一)』第81集配信開始です!中国の国営テレビ局、中国中央電視台が約4年の歳月と約100億に上る制作費をかけ制作した作品。省略されがちなエピソードまでしっかりと映像化されています。話数は第一部、第二部、第三部、第四部からの続きです。
三国志
GyaO アジア 三国志

★『三国志・第一部(群雄遂鹿)』
時は二世紀後半の後漢末期、魏・呉・蜀の三国時代。朝廷は皇帝の一族と宦官らに牛耳られ、政治は腐敗しきっていた…。世を憂いた劉備・関羽・張飛の3人は桃園にて義兄弟の誓いをたて、立ち上がる…。制作費100億円、出演者10万人、制作年数4年! 中国最高賞をすべて受賞。空前のスケールで描く中国最高の歴史ロマン「三国志」の決定版!

☆第一部(群雄遂鹿)第1集 「桃園三結義」劉備、関羽、張飛 桃園の誓い
高租劉邦が天下統一し、光武帝の中興を経て永きの太平を続けた漢王朝も後漢の霊帝の御代(西暦184年頃)には乱れきっていた。皇帝が近侍の宦官達に政治を任せきりにしたため、彼等の専横による腐敗政治がまかり通り、さらには地方官僚の圧政となって庶民を苦しめた…。


☆第四部(南征北戦) 第68集 「出師北伐」諸葛亮、出師の表を上書きし、北伐に向かう
魏の文帝曹丕が崩御、太子の曹叡が即位した。曹叡は曹真を大将軍、曹休を大司馬、司馬懿を驃騎将軍に任命して西涼の守備を固めた。諸葛亮にとって司馬懿の存在は悩みの種だった。魏の守備態勢が固まらぬうちに出兵をと考える諸葛亮に馬謖が離間の計を進言した…。

☆第四部(南征北戦) 第69集 「収姜維」諸葛亮、天水にて姜維を得る
安定の太守崔諒を帰順させた諸葛亮は、崔諒を南安の太守楊陵の説得に行かせた。しかし、崔諒は楊陵と謀って蜀軍を陥れようとした。すでに崔諒の企みを見抜いていた諸葛亮は、先手を打って南安城に忍ばせていた張苞、関興らに、これを陥落させた…。

☆第四部(南征北戦) 第70集 「司馬復出」司馬懿仲達復権し、蜀軍迎撃に出陣す
困難な戦局に悩む曹真に、郭淮が夜襲を進言したが、失敗して大敗を喫した。失脚した司馬懿は、魏の苦戦を知り嘆息していた。蜀の脅威によって、ついに諸葛亮に対抗できる将は司馬懿のみと悟った曹叡は、自らの出陣と司馬懿の前線復帰を宣言した…。

☆第四部(南征北戦) 第71集 「空城退戦」空城の計で死地を脱し、泣いて馬謖を斬る
亡き劉備の警告は的中した。実戦に疎い馬謖は諸葛亮の命令を遵守するより、自らが書物に学んだ兵法の知識を実践しようとした。街亭の街道に柵を設けて死守しようとする王平を無視して、見晴らしの良い丘陵地に陣を構えたのだ。諸葛亮の推察どおりに魏軍が街亭に現れた…。

☆第四部(南征北戦) 第72集 「司馬取印」諸葛亮、司馬懿、宿敵相対す
諸葛亮は再び出師の表の筆を取り、趙雲が自分に後事を頼む夢を見る。諸葛亮の上奏が通り、劉禅は北伐を許し三十万の兵を与えた。諸葛亮は街亭の東南に位置する陳倉の奪取を北伐の要として、魏廷を向かわせた。しかし、陳倉の守りは固く、蜀兵の屍が増えるばかりだった…。

☆第四部(南征北戦) 第73集 「祁山闘智」諸葛亮、司馬懿、宿命の知謀戦
司馬懿は耐久戦に出て蜀軍を翻弄した。焦る魏廷は諸葛亮の戦略に不満を抱いた。そんな折、諸葛亮は身体の不調を感じた。決戦を急いだ諸葛亮は魏軍を誘い出すため撤退を装った。三十里ずつ陣を退く蜀軍。司馬懿は罠と見て静観していたが、張コウら配下の武将の強硬な主張を受け入れて追撃のために張コウの軍を進軍させた…。

☆第四部(南征北戦) 第74集 「諸葛妝神」諸葛亮、鬼神を演じ司馬懿を惑わす
曹真は司馬懿に助けられ、その進言を入れて渭水まで撤退して対策を練った。同じ頃、蜀の陣では魏廷と陳式が箕谷の敗戦の責を問われていた。諸葛亮は魏の投降兵に曹真宛の書を持たせ、その文中で曹真を無学の徒と罵った。曹真は怒りのあまり憤死した…。

☆第四部(南征北戦) 第75集 「六出祁山」諸葛亮、最後の北伐、六度祁山へ
諸葛亮は劉備の廟で中原克復を誓い、魏廷、姜維を祁山に出撃させた。また、糧道確保のため李豊を斜谷に向かわせた。魏では、蜀の国力の低下を見通して、司馬懿を大都督に四十万の大軍で一気に蜀軍の殲滅を狙う戦略を固めていた。蜀軍と魏軍の兵力差はいかんともしがたく、蜀軍は各地で魏軍に敗北した…。

☆第四部(南征北戦) 第76集 「火焼上方谷」諸葛亮、司馬懿を火攻めにす
司馬懿を上方谷におびき出して火攻めにする、これが諸葛亮の策であった。慎重居士の司馬懿を嵌めるために周到な準備がなされた。馬岱が上方谷に火計の備えを敷き、併せて蜀軍が上方谷に重要な作戦拠点を築こうとしているかのような気配を演出した…。

☆第四部(南征北戦) 第77集 「秋風五丈原」死せる孔明、生ける仲達を走らす
諸葛亮が病に倒れたとの報に成都の文官はうろたえるばかりだった。そんな蜀の現状に、今世を去るわけにはいかぬとの思いから、諸葛亮は北斗に祈祷して天象を変えて、自らの天命を延ばそうとするのだった。七夜の祈祷が後一歩で成就という時に、敵襲に慌てた魏廷の失態で、祈祷は失敗に終わった…。

☆第五部(三分帰一) 第78集 「詐病賺曹爽」司馬氏、魏王朝の実権を握る
魏の景初三年正月、死の床にあった曹叡は曹真の子息曹爽を大将軍に任じ、朝政を委ねた。そして、臨終間際に司馬懿を呼び出して後事を託した。曹叡亡き後、曹芳が帝位に就き、大将軍の曹爽が実権を握った。司馬懿の存在が邪魔な曹爽は、司馬懿の失脚を狙った…。

☆第五部(三分帰一) 第79集 「呉宮千戈」孫権死し、呉王朝乱れる
呉の神鳳元年、中興の祖孫権が享年七十一歳で天に帰した。遺命を受けた諸葛恪は孫亮を帝位に就け、後ろ盾として実権を握った。孫権死すの報に魏の司馬師はすぐさま兵を起し呉征討に出た。呉の守将丁奉は、戦線の後退を主張する幕僚達を抑えて、徹底抗戦一歩も退かすとの覚悟で魏軍を迎撃した…。

☆第五部(三分帰一) 第80集 「兵困鉄籠山」姜維北伐、鉄籠山に司馬昭を追う
蜀の廷熙十六年秋、蜀の将軍姜維は恩師諸葛亮の遺命を果たすべく二十万の兵を率いて北伐を再開した。魏は、司馬昭を大都督に、徐質を先鋒に立てて蜀軍迎撃に出た。隴西での決戦で姜維の策の前に魏軍は大敗を喫し、徐質は戦死、司馬昭は鉄籠山に追い込まれた…。

☆第五部(三分帰一) 第81集 「司馬昭式君」姜維、艾、鐘会ら、名将激戦す
鉄籠山で惜敗を喫した姜維だったが、すぐさま体勢を立て直して祁山に兵を向かわせた。魏の大将軍となった司馬昭は艾に祁山の死守を命じ、自らは鐘会と共に渭水南岸に陣を敷いた。姜維は諸葛亮直伝の八卦の陣を駆使して祁山で艾の軍を翻弄した。蜀軍の強さに、正攻法では不利とみた艾は謀略戦に出た…。

>>三国志シリーズ DVD BOX

話題の韓流ドラマやオリジナル作品を見るなら「GyaO」

懐かしのアニメから最新のアニメまで、無料で見られるアニメ情報も随時更新中!



中国ドラマ情報 『三国志・第五部(三分帰一)』第78集配信開始!

2008-09-30 Tue 22:44:47

GyaO<ギャオ>のドラマチャンネルで『三国志・第五部(三分帰一)』第78集配信開始です!中国の国営テレビ局、中国中央電視台が約4年の歳月と約100億に上る制作費をかけ制作した作品。省略されがちなエピソードまでしっかりと映像化されています。話数は第一部、第二部、第三部、第四部からの続きです。
三国志
GyaO アジア 三国志

★『三国志・第一部(群雄遂鹿)』
時は二世紀後半の後漢末期、魏・呉・蜀の三国時代。朝廷は皇帝の一族と宦官らに牛耳られ、政治は腐敗しきっていた…。世を憂いた劉備・関羽・張飛の3人は桃園にて義兄弟の誓いをたて、立ち上がる…。制作費100億円、出演者10万人、制作年数4年! 中国最高賞をすべて受賞。空前のスケールで描く中国最高の歴史ロマン「三国志」の決定版!

☆第一部(群雄遂鹿)第1集 「桃園三結義」劉備、関羽、張飛 桃園の誓い
高租劉邦が天下統一し、光武帝の中興を経て永きの太平を続けた漢王朝も後漢の霊帝の御代(西暦184年頃)には乱れきっていた。皇帝が近侍の宦官達に政治を任せきりにしたため、彼等の専横による腐敗政治がまかり通り、さらには地方官僚の圧政となって庶民を苦しめた…。


☆第四部(南征北戦) 第65集 「兵渡瀘水」諸葛亮、瀘水を渡り南王と戦う
建興三年、蜀の建寧太守雍ガイは南王孟獲と結託して反乱を起こした。急報を受けた諸葛亮は自ら大軍を率いて南征に赴くのだった。政治を顧みず遊興に耽る後主劉禅の反対を説得しての出陣だった。趙雲、魏廷、王平らの活躍で順調に永昌城を奪還し、国境を越えて南王との決戦に向かった…。

☆第四部(南征北戦) 第66集 「絶路問津」諸葛亮、死地を踏破し孟獲を捕らえる
南王の弟の孟優は投降を装って諸葛亮の陣へ入った。諸葛亮はそうと知りつつ孟優をもてなした。瀘水を超えて南王は夜襲をかけたが、待ち受ける趙雲らに包囲され、慌てて退却。瀘水に辿り着いたものの蜀軍の伏兵に捕らえられた…。

☆第四部(南征北戦) 第67集 「七擒孟獲」七度捕らわれ、七度許された孟獲の帰順
五度、孟獲を放した諸葛亮は南王の最後の砦銀坑山へ兵を進めた。夫の危機に女傑祝融夫人が立ち上がり、奮迅の活躍で蜀軍の武将二人を捕らえた。諸葛亮は趙雲、魏廷に策を授けて祝融夫人を捕らえて、捕虜となった蜀の武将と交換した。南王は木鹿大王に援軍を請うた…。

☆第四部(南征北戦) 第68集 「出師北伐」諸葛亮、出師の表を上書きし、北伐に向かう
魏の文帝曹丕が崩御、太子の曹叡が即位した。曹叡は曹真を大将軍、曹休を大司馬、司馬懿を驃騎将軍に任命して西涼の守備を固めた。諸葛亮にとって司馬懿の存在は悩みの種だった。魏の守備態勢が固まらぬうちに出兵をと考える諸葛亮に馬謖が離間の計を進言した…。

☆第四部(南征北戦) 第69集 「収姜維」諸葛亮、天水にて姜維を得る
安定の太守崔諒を帰順させた諸葛亮は、崔諒を南安の太守楊陵の説得に行かせた。しかし、崔諒は楊陵と謀って蜀軍を陥れようとした。すでに崔諒の企みを見抜いていた諸葛亮は、先手を打って南安城に忍ばせていた張苞、関興らに、これを陥落させた…。

☆第四部(南征北戦) 第70集 「司馬復出」司馬懿仲達復権し、蜀軍迎撃に出陣す
困難な戦局に悩む曹真に、郭淮が夜襲を進言したが、失敗して大敗を喫した。失脚した司馬懿は、魏の苦戦を知り嘆息していた。蜀の脅威によって、ついに諸葛亮に対抗できる将は司馬懿のみと悟った曹叡は、自らの出陣と司馬懿の前線復帰を宣言した…。

☆第四部(南征北戦) 第71集 「空城退戦」空城の計で死地を脱し、泣いて馬謖を斬る
亡き劉備の警告は的中した。実戦に疎い馬謖は諸葛亮の命令を遵守するより、自らが書物に学んだ兵法の知識を実践しようとした。街亭の街道に柵を設けて死守しようとする王平を無視して、見晴らしの良い丘陵地に陣を構えたのだ。諸葛亮の推察どおりに魏軍が街亭に現れた…。

☆第四部(南征北戦) 第72集 「司馬取印」諸葛亮、司馬懿、宿敵相対す
諸葛亮は再び出師の表の筆を取り、趙雲が自分に後事を頼む夢を見る。諸葛亮の上奏が通り、劉禅は北伐を許し三十万の兵を与えた。諸葛亮は街亭の東南に位置する陳倉の奪取を北伐の要として、魏廷を向かわせた。しかし、陳倉の守りは固く、蜀兵の屍が増えるばかりだった…。

☆第四部(南征北戦) 第73集 「祁山闘智」諸葛亮、司馬懿、宿命の知謀戦
司馬懿は耐久戦に出て蜀軍を翻弄した。焦る魏廷は諸葛亮の戦略に不満を抱いた。そんな折、諸葛亮は身体の不調を感じた。決戦を急いだ諸葛亮は魏軍を誘い出すため撤退を装った。三十里ずつ陣を退く蜀軍。司馬懿は罠と見て静観していたが、張コウら配下の武将の強硬な主張を受け入れて追撃のために張コウの軍を進軍させた…。

☆第四部(南征北戦) 第74集 「諸葛妝神」諸葛亮、鬼神を演じ司馬懿を惑わす
曹真は司馬懿に助けられ、その進言を入れて渭水まで撤退して対策を練った。同じ頃、蜀の陣では魏廷と陳式が箕谷の敗戦の責を問われていた。諸葛亮は魏の投降兵に曹真宛の書を持たせ、その文中で曹真を無学の徒と罵った。曹真は怒りのあまり憤死した…。

☆第四部(南征北戦) 第75集 「六出祁山」諸葛亮、最後の北伐、六度祁山へ
諸葛亮は劉備の廟で中原克復を誓い、魏廷、姜維を祁山に出撃させた。また、糧道確保のため李豊を斜谷に向かわせた。魏では、蜀の国力の低下を見通して、司馬懿を大都督に四十万の大軍で一気に蜀軍の殲滅を狙う戦略を固めていた。蜀軍と魏軍の兵力差はいかんともしがたく、蜀軍は各地で魏軍に敗北した…。

☆第四部(南征北戦) 第76集 「火焼上方谷」諸葛亮、司馬懿を火攻めにす
司馬懿を上方谷におびき出して火攻めにする、これが諸葛亮の策であった。慎重居士の司馬懿を嵌めるために周到な準備がなされた。馬岱が上方谷に火計の備えを敷き、併せて蜀軍が上方谷に重要な作戦拠点を築こうとしているかのような気配を演出した…。

☆第四部(南征北戦) 第77集 「秋風五丈原」死せる孔明、生ける仲達を走らす
諸葛亮が病に倒れたとの報に成都の文官はうろたえるばかりだった。そんな蜀の現状に、今世を去るわけにはいかぬとの思いから、諸葛亮は北斗に祈祷して天象を変えて、自らの天命を延ばそうとするのだった。七夜の祈祷が後一歩で成就という時に、敵襲に慌てた魏廷の失態で、祈祷は失敗に終わった…。

☆第五部(三分帰一) 第78集 「詐病賺曹爽」司馬氏、魏王朝の実権を握る
魏の景初三年正月、死の床にあった曹叡は曹真の子息曹爽を大将軍に任じ、朝政を委ねた。そして、臨終間際に司馬懿を呼び出して後事を託した。曹叡亡き後、曹芳が帝位に就き、大将軍の曹爽が実権を握った。司馬懿の存在が邪魔な曹爽は、司馬懿の失脚を狙った…。

>>三国志シリーズ DVD BOX

話題の韓流ドラマやオリジナル作品を見るなら「GyaO」

懐かしのアニメから最新のアニメまで、無料で見られるアニメ情報も随時更新中!